卵子の若返りが出来たら

現在は、35歳を過ぎると高齢出産と言われていますし、高齢出産になると、リスクが多くなると言われています。リスクが増える原因は、卵子の老化です。年を取るとごとに、卵子も同時に老化していきます。

なので、35歳までに子供を産みたいと思っている人が多いので、35歳までがタイムリミットみたいになっています。その妊娠のタイムリミットを遅らせたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

妊娠のタイムリミットを遅らせることが出来たら、リミットを気にせずにいられるので、喜ぶ人が多いと思います。

75d81b971cf9951b53190d9337ef092a_s

卵子は、初めは数百万個あるものの30代になると約5万個になり、40代になると約1万個前後になってしまうようです。そして、卵子の質は、年々低下していくので、流産のリスクも高くなってしまうのです。

加齢による卵巣機能と卵子の老化や卵巣以外の臓器の疾患やホルモンの異常などが、妊娠力の低下の原因になっているようです。

この中でも、加齢については、卵子の質に直接関係してくるもっとも解決できない大きな問題です。
なので、簡単に言えば妊娠力とは、「卵子の質」と言ってもいいでしょう。

こうなると、卵子が老化するスピードってどのくらいなのか、気になってくると思います。卵子老化のスピードは、だいたい年齢に比例しているようですが、必ずしもみんなが一律ではありません。これは人によって異なりますし、年齢よりも早く老化してしまう場合もあるようです。

老化した卵子の細胞を正常の細胞に置き換えるという技術は、動物を使って実験したことがあるようです。人の妊娠についても研究が進められてはいるようですが、色々な問題があり、日本ではその技術を使って治療することが禁止されているようです。

それと凍結卵子の技術が注目されていますが、癌などの病気の治療で卵子機能が低下してしまう可能性がある人や、早くに閉経する可能性が高い疾患を持っている人を対象にした、未受精卵子を凍結するという技術があるようです。
その他にも、加齢になどの原因で性腺機能の低下を起こす可能性がある場合などは、社会的適応として、一部の企業や医療機関ではこの技術をビジネスとして提供しようとする動きが見え始めているようです。

避妊治療については以前から受精卵を凍結し、融解後に用いるという技術が広く利用されています。ですが先ほどのように、受精する前の未受精卵を取り出して凍結した「凍結卵子」で出産したという例はすごく少ないようです。

この方法は、卵子の凍結をして、融解して、受精させると赤ちゃんになるという方法ですが、全てをクリアする確率がすごく低い技術なので、この方法での出産が少ないということです。

現在は、健康な人が妊娠力の低下する将来のために行う治療方法ではないようです。
このような技術を、産む時期を遅らせるために使いたいと思っても、保証がないので必ずしも将来「妊娠・出産」が出来るとは言えないようです。

妊娠力は、女性だけではなく男性側にも関係しているのです。あなたの今のパートナーがどれくらい妊娠力があるのかも関係しているのです。
相手がもしバツイチ子持ちで、あなたと新たに子作りをしても、なかなか子供が出来ないということもあるようです。
なので、必ずしもあなたの妊娠力の低下だけが原因とは言えません。

ですが、年を取ると必ずしも「良い卵子」が取れないのかと言うと、そういうことではありません。年と取ることで、「良い卵子」が取れる可能性が減るということだけです。
そして卵子の質は、毎周期で異なりますので、いつも同じというわけではありません。

確率が低くなった高齢者でも、良い卵子が取れるかもしれないので、チャレンジしてみるのもいいと思います。

自然に妊娠する人にしても、避妊治療をする人にしても、妊娠が期待できるのは、約41~42歳くらいまでだそうです。
それ以降は、良い卵子に出会える確率がされに下がってしまうようです。

不妊治療にせよ自然妊娠にしても、栄養のバランスを考えて食事することと、程度な運動をすることなどをすると良いようです。

卵子が低下する前に、妊娠して出産が出来るのが1番いいことのなのでしょうが、将来のことは誰にも分りません。それに、高齢出産の人でも何の問題もなく、元気な赤ちゃんを産める人もいますし、不妊治療をしていたけど妊娠しなくて、不妊治療をやめてみたら妊娠したという人も、ごくわずかですがいました。なので、そういうことは誰にも予測できないのです。

このような技術がしっかりでき、日本で誰でも試すことが出来れば、この技術を試してみたいという人が、いると思います。
若返りが出来たりするば、少しリミットが長くなるのではないでしょうか。少しでも、妊娠できる期間が長く出来るのなら、嬉しくない人はいないと思います。

いつかこの技術を使える時が来たら、そのような悩みを持った人達が少しでも減るのではないでしょうか。
そして元気な赤ちゃんを産むことが出来るのが1番いいと思います。