若返りの技術が出来た時の私の考え

MON_7818

今回は、「もし若返りの技術が出来たらやってみたいか」を自分自身で考えてみました。そして考えたことを書いていこうと思います。

まずは、女性であれば誰でももし若返りの技術が出来たなら、試してみたいと思うのではないでしょうか。女性は、年を取るごとに色々な悩みが出てきます。そしてその悩みは、年々増える一方で減ることは決してありません。また改善しようとしても、ほとんど改善することが出来ないのです。なので、若返りの技術が出来れば、皆さんもそうだと思いますが、私も是非試してみたいと思っています。

男女関係なく、全ての人に対して言えることですが、年齢を重ねると肌などの悩みが増える一方で、いくら自分で頑張っていても減ることは少ないと思いませんか?
若い時は何をしていても、悩みなんてなく、好きなように化粧していたりしましたが、年齢を追うごとにそうはいかなくなります。今では、若い頃の肌がすごくうらやましく、戻りたいと思っています。皆さんの中にも私と同じことを思っている人がいるのではないでしょうか。

私は高校を卒業してからもそうでしたが、子供を妊娠して出産してからは、もっと肌が乾燥しやすくなったり、荒れやすくなったりと肌トラブルが一気に増えたように思っています。

私自身は、子供を産んでから体質や味覚などが色々と変わってしまいましたし、色々な肌トラブルを起こしやすくなってしまいました。

何が変わったのかと言うと、手が乾燥しやすくなってカサカサしやすくなったり、痒みが出るようになってしまいました。すぐ荒れてしまいますし、すごく痒くて、寝ぼけながら掻いてしまっていました。そして朝起きたら赤くなっていて、少し痛くなっているなんてことも何十回もありましたし、今でもよくあります。

ですが、手が荒れないように家事をしないという訳にはいきませんから、手荒れをしにくい食器用洗剤に変え使用してみたり、皮膚科に行ってお薬をもらい、塗るなどして工夫して過ごすようにしています。
食器用洗剤を、手に優しい洗剤に変えたら以前の洗剤より手が荒れにくくなりました。今でも続けてその洗剤を使用して、食器を洗っています。

他にも、肌がくすんだり、シワが出来たりとすごく気になる部分が増えてしまいました。年をとっていくので、悩みが増えていくのは仕方がないことですが、「出来ればずっと若々しくいたいな」と思うのが当たり前だと思います。

年をとったからと言って、決して諦めたくはありませんから、色々試してしまいます。ですが、なかなか改善されていないというのも事実です。
なので、本当に若返りの技術が出来たなら、色々な部分の若返りを試してみたいと思っています。

昔も現在も、多くの若返りの技術が研究されていると思いますし、その技術をネズミに用いて実験されて、成功しているという実験報告があるようです。ですが、海外で研究されて成功していても、日本ですぐに使えるのかと言ったらそうではありません。

日本の研究者達が、日本人の人体に影響がない物なのかをしっかり解明して「大丈夫」と判断されるまでは、海外で開発されてもすぐには、私たちが試すことは出来ないのです。

ですが、しっかり解明される前に試してみて人体に影響があったら大変ですからしっかり解明してくれるのは、私たちにとっては、とてもありがたいことだと思っています。

若返りと言っても「卵子の若返り」や「脳の若返り」、「肌に若返り」など他にもたくさんの若返りがあると思いますが、どの技術から一般の人でも試せるようになるのかも、現在はまったくわかっていませんし、値段やその技術を試すことによるメリット・デメリットなど、全てのことがまだわかっていません。

この技術がもっと進歩して世に出るようになって来れば、少しずつですが、色々な情報がたくさん出てくると思います。このような素晴らしい技術ですから、安値では出来ないかもしれませんが、素晴らしい技術を多くの人が試せればいいなと思っています。

若返りは決して簡単なことではないと思いますし、この技術が出来たからと言って、必ずしもすごく若返るのかも今の状態では何もわかりません。
多くに人は「多分そんな技術は出来ないだろう」と考える人が多いと思いますし、以前は私もその中の1人でしたから、多くの人がそう思う気持ちも理解できます。

ですが、徐々にでも技術は確実に進歩していますから、私が生きている間に出来るのは無理かもしれませんが、「いつかは絶対若返りの技術が出来るんじゃないかな」と思うようになりました。
そして最初は、高額でしか出来ないかもしれませんが、時間が経てば少しは安くなるかもしれません。
やはり多くの人が若返りたいと思っていますから、早めに出来ればいいなと思っています。

そして全ての人が年を取ってもいつまでも綺麗でいられる世の中になったらいいなと思います。